就活ちょいメモ。

このブログに関する説明はこちら。
▽更新予定情報▽
■2/16…「コラム」

更新要望コメント欄にて受付中。
<< 【コラム】女であるということ。 | main | 【コラム】ちょっと立ち止まって…。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
【コラム】気持ちの良い頼まれ方。
最近、就職活動のことで後輩から色々なことを頼まれたり
後輩がOBOGに訪問やらなんやらを、頼んでいる姿を見て
気づいたことがあります。
今日はその話。


自分の就職活動のために
忙しい社会人の方々や先輩に時間を割いてもらうことを「頼むこと」
それ自体に苦労している人
をよく見ます。
見ていて、去年の自分を思い出すし、そんな気持ちは理解できます。
もちろん0から全く面識のない方にOB訪問を頼むことも勇気がいりますけど
ちょっと知り合ってから何かを頼むのも結構難しいんですよね、就活生にとっては。


たとえば
OBOGや先輩と知り合った当初、
「じゃあAみたいなことで悩んだとき、Bしてあげるから言ってね。」
と、好意で言ってもらえた
とします。
それはそのOBOGや先輩自身が
そのとき頼みやすいように言ってくれているのは分かるんですけど
でも、実際、たとえば2ヵ月後にそのAの状況になったとき
「AになったのでBしてください。」
って頼むのって意外と難しい
んですよねー。

実は社交辞令だったんじゃないか、ここで甘えてしまっていいものなのかな、とか
今は忙しくて2ヶ月前に言ってくれたときの気持ちは変わってるかもしれない、とか
そもそも2ヶ月も前のこと覚えてないかもしれない、とか
色々考えちゃうこともあると思うんです。
そういうとき、先輩やOBOGに察してもらって
もう一度「Aになったの?じゃあBしてあげるよ」
って言ってもらっている人を、時々見ます。
私も今になって思い返すとそんなようなことがあった気がします。
違う形ですけど、必要のないところでOBOGに気を使わせてしまったこと。


でもね
それって
OBOGや先輩に申し訳ないって気持ちから
気を使っているつもりになって
言えなくて自分では悩んでいるのかもしれないけど
反対に気を使わせてしまっている
んじゃないかな。
ことわられるのが怖いっていう自己防衛の気持ちなんじゃないかな。


そんな気を使っている「つもり」より
あたって砕けろ式で
「Aになったので、お忙しいとは思いますがBしていただけませんか?」

とはっきりと頼んだ方がいいと思いませんか?
頼まれて気持ちがよいと思いませんか?




これからもっともっとOBOG訪問などを通して
目上(?)の方に物事を頼んだりすることも増えると思います。
そんなとき
もちろん礼儀を忘れずに
感謝の気持ちをたっぷりと含め
全身全霊で
、きちんと物事を頼みましょうよ!

気づけてよかったと、私も今思っています。
私もがんばりますね☆
| 就活コラム | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
| - | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://syukatu.jugem.jp/trackback/125
トラックバック
記事のカテゴリー

Google


ランキングです。
情報を広めるため、
ぜひクリックをお願いします!

LINKS

ARCHIVES

RECENT COMMENT

RECENT TRACKBACK

PROFILE